起業のための資金調達

気軽に会社を始めることができるようになった現代。「資本金0円」「女子高生社長」などと言う言葉を耳にしたことが多い方も多いだろう。しかし、新しいことを始めるには当然流れがある。まず、起業するために必要な手続きを含む、流れを確認していくことにしよう。

起業の際の資金調達

では、どのようにしたら起業のための資金を得ることができるだろうか。もちろん、全額自分で資本金を用意できたのなら、それにこしたことはないだろう。だが、そこまで財政的に余裕があるとも限らない。すると、起業資金はどこかから調達する必要がある。どうすればよいだろうか。

どの資金調達がよいか

起業のための資金調達には、補助金や助成金以外にも融資、出資、共済など様々なやり方があることがわかってきた。だが、このうちどれが最も効率が良く、また確実に資金を得ることができるのだろうか。やはり、ノーリスクかつ短期間でお金を得ることができるほうがより良いだろう。

起業するための流れ

起業と言うのは、簡単に言えば新たに会社を興すことだ。今の時代、学生でも社会人でも、身分や収入にとらわれることなく新しい会社を作ることができる。この際、新しい事業は法人にするか、個人事業主としてやっていくかの2通りが想定される。
何事も、新しいことを始めるには金が要る。起業の場合、この必要な金のことを資本金という。
資本金をどこから調達するかは大きな問題だ。法的には、この資本金がなくても起業することはできるが、実際問題新しいビジネスをやっていくためには、ある程度の運転資金が必要である。この資金を自分で用意できればもちろんそれにこしたことはない。あるいは、自分の名義で消費者金融や銀行からお金を借りることだ。だが、新しくできたばかりの会社に信用などなく、なかなか借金には苦労するだろう。
その信用を生むために必要なのが、事業計画の作成である。税理士と相談するか、しなくてもインターネットで調べつつ、その新しい事業がどのような見通しで、いつまでにどのくらいの利益を生む予定なのかを相手にわかりやすく伝えることができる計画を作って、示すというわけだ、
この計画をしっかり作ったうえで、様々な所からお金を借りてくることができる。例えば、融資を募ったり出資を募ったり、クラウドファンディングやビジネスコンテストで投資家たちからお金を集めるということである。自身の起業した事業の将来性をアピールし、他社にそれを理解してもらえるような自信と工夫が必要なのだ。